FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加中です。 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ 人気ブログランキングへ

デザイン・ベンチ

ベンチか形になってきたので紹介いたします!!
黒い方は以前作った物で 白い方は今回制作している物です^^
木の質感とシンプルさを意識して作りました!!
bennchiB.jpg

脚は杉の廃材を利用し、座面はカリン材を焼いた物です。
benchib.jpg

こちらも同じく杉の廃材を利用した脚で 座面も杉です。
benchiw.jpg

杉材に関しては すべて地元、茨城県の八溝山系の杉材です!!
スポンサーサイト
ブログランキングに参加中です。 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ 人気ブログランキングへ

コメントの投稿

No title

ほぉーこれは見事な♪
本職ですものね(^^;)

温かみが合って、良いですね~♪
うちの近所の工務店さんに垢を煎じて飲ませてみたい(^^;)

No title

>MINAGIさん

ありがとうございます^^

でも、私は造形出身で家具とか作ってるので 
きっちりした物は、専門の職人さんに敵いませんよ^^;

職人さん=木をコントロールする だとすると
    私=木に合わせている  でしょうかw

こんばんは

大自然ベンチって感じですね^^
杉材、柔らかくナチュラルな雰囲気で綺麗です!

板材を一旦焼かれることもあるんですね~
カリンの濃い色合いは焼きの効果なんでしょうか?
それとも長年寝かせた効果ですかね?
すいません、色が渋くとても気になってしまったもので・・・^^;

No title

>motti さん

ありがとうございます^^

写真のカリン材の発色についてですが
材木屋さんによっては 材料を乾燥させる際 乾燥機を使用するのですが 単純に熱かけるタイプのほかに燻煙乾燥というのがあるんです。
燻製を作る要領で煙と熱で乾かすのですが
乾燥したころには 表面が焼け焦げたようになるんです^^

普通は素地が出るまで削ってしまうんですが
表面の焦げてもろい所だけを グラインダーで落として
サンダーで仕上げ ウレタン塗装しました。

深い色に見えるのは まさに深いところまで焼きが入っているから
なんです^^

小さい物だったら バーナーなどで表面が炭になるぐらい焼いて
磨いていくと 近い感じになりますよ^^
お試しあれ!!
(※広葉樹などの硬い木のでないとあまり効果がありません^^;)

No title

燻煙乾燥、初めて知りました。勉強になります。。
乾燥工程では焦げるほど熱が加わるんですね~
なんとなく温室ぐらいのイメージをしていました^^;

カリンの色は、真っ赤~っていうイメージでしたが、
この深い色合いカッコイイです。
古民家の味の出ている木の感じ・・・^^

バーナーはなかなか勇気がいりそうなんですが、、
小さい物からチャレンジしてみます!(^^)ノ

No title

なるほど!
古民家なんかの松の梁なんかも囲炉裏や釜戸の煙などでいぶられた
結果でしょうから 原理は一緒ですね^^
小さな発見ですね!

焦げてはいないのですが 焦げたように黒くなるんです^^;
表現が曖昧ですみません><
非公開コメント

プロフィール

専務 と 仲間達

Author:専務 と 仲間達
株式会社 造形集団ディー・オー
http://www.zoukei-do.co.jp/
0296-72-3772

木・陶・鉄など 自然素材を生かし
ものづくりに励む集団です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。